Dir en grey『残-ZAN-』

Youtube検索結果

残-ZAN- ジャケット

  • 品番: AMDM-6269
  • 発売日: 1999/1/20

X JAPANのYoshikiがプロデュースしたDir en greyの3枚同時メジャーデビューシングルの1枚。

一応品番も公式サイトの記述も2ndシングルとなっています。

残-ZAN-

★★★★

黒夢の『親愛なるDEATHMASK』とほぼ同じコード進行で歌詞もパク…オマージュが盛り沢山。

メジャー流通のシングルとしては考えられないほど攻撃的なツタツタV系曲になっており、多くのリスナーに衝撃を与えたことと思います。

終始シャウトでほとんどメロディーがなく、メタル風味と言ってもいいような曲ですが、リズミカルなドラムや爽快とも言える高音シャウトの多用により、ある種のキャッチーさをも兼ね備えていると思います。

原曲よりもこちらの方が好きと言う人も多いのでは。

ゆらめき S.N.Y.Mix

例によってインダストリアル風味な『ゆらめき』のリミックス版。

原曲のキャッチーさが全くなく、かと言って曲として面白いわけでもなく、演奏時間は7分を超えると言う拷問のような曲です。

CDをリピートしているとこの曲のアウトロから『残-ZAN-』のイントロへの繋ぎだけはなかなかいい感じですが、2回目を聴く気が起きないのがネック。

半熟のゆで卵を作るのにちょうどいい演奏時間と言うこと以外に評価するべき点はありません。

総評

★★★★

当時インディーズバンドでも中々見かけないような攻撃的な楽曲をメジャーでリリース、さらにこの曲でミュージックステーション出演を果たした快挙に敬意を表します。

カップリングには目をつぶります。

関連記事