グリーヴァ『妄想主義者ノ背徳。』

「グリーヴァ」の検索結果
Youtube検索結果

妄想主義者ノ背徳。 ジャケット

  • 品番: AMWK-20
  • 発売日: 2015/7/1

3枚同時シングルリリースよりほどなくして発売されたミニアルバム。

シングル曲は一曲も入っていません。

Type [艶]

★★

いかにもライブの入場曲と言った感じのインストゥルメンタル曲。

自己精神殺害推進會

★★★

掛け合いなどのライブ映えするパートで構成された、徹頭徹尾ライブ向きの暴れ曲ですね。

CDだと少し単調に感じてしまう部分があるのは否めませんが、リードギターはなかなかいいフレーズだと思います。

妄想主義者ノ背徳

★★★★

2分32秒とコンパクトな尺の中で目まぐるしく曲調が変わる曲。

基本的にハードな曲なのですが、グリーヴァの『サビはメロディアス』と言う良点が十分に堪能できる、良質な歌メロを持っています。

サビで2小節トーンダウンしてからのツーバスなど、非常にV系らしいアレンジ。

Art play

★★★

DIR EN GREYの『Erode』にイントロとベースラインが似ていますが、さすがにプロダクションはこの曲の方がはるかにいいですね。

この曲もサビはメロディアスでバンドの持ち味が生きています。

ギターソロも既視感こそあるもののなかなかいいフレーズ。

夢デ逢ウ貴女ガ削除デキマセン。

★★

DIR EN GREYの『蒼い月』のようなイントロから始まるダークな曲。

途中には『蒼い月』の「Blue & Die」パートも。

パクリはともかく、ハードさにもメロディアスさにも特化していないので、あまり印象に残りません。

密室104号室 ~暗イ部屋二僕ト君~

★★★

基本的にはライブを意識した掛け合いなどがあるハードな楽曲ですが、やはりサビのメロディーが秀逸。

途中のオルゴールパートはあまり必要性を感じませんね。

腐『furan』乱

★★★★

ガゼットの『Carry』にイントロが似ています。

途中まではデスボイス中心なのですが、爽やかなギターソロの後にガゼットの『未成年』に似たベースフレーズが鳴り響き、エグい歌詞を爽やかなメロディーで歌い上げると言うなかなか面白い楽曲です。

総評

★★★

個々の楽曲は光るものを持っているのですが、あまりにも似た系統の曲が集まりすぎている感は否めませんね。

終焉』のような多様性がほしいところ。

関連記事

「グリーヴァ 妄想主義者ノ背徳。 」の検索結果

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL