グリーヴァ『鬼ト影』

「グリーヴァ」の検索結果
Youtube検索結果

鬼と影 ブックレット

  • 品番: AMWK-1
  • 発売日: 2013/2/13

『古き良き時代の継承者』グリーヴァの1stフルアルバム。

DIR EN GREYのパクリっぷりが話題になりました。

[schwarz]ofHades

★★★

V系のアルバムの1曲目にありがちなインストゥルメンタル曲。

ライブSEにも使われていたのかな?

勢いがあり、シャウトも悪くないので導入としては及第点でしょう。

孤独人形症候群

★★★

非常にDIR EN GREYっぽいのですが、テンポダウンするBメロ、疾走するサビなど、90年代っぽい良点を持っている曲です。

ボーカル狂鬼は「サビは必ずメロディアスにする」のを中期以降のポリシーにしていましたが、このアルバムの段階ではサビがシャウトに終始する曲も多く、この曲もその一つ。

本来良いメロディーセンスを持っているので、その点で少し減点としました。

true grief

★★★★★

DIR EN GREYの『ゆらめき』をほぼカバーしてメロディーを少し変えた曲。

パクリ故にクオリティは高く、改変されたメロディーもいい感じです。

『ゆらめき』とは違い単なる別れではなく死別の歌詞になっていますが、作詞能力の高さも特筆すべき点だと感じます。

パクリが気にならない人ならオススメできる一曲。

解離性同一性障害

★★★★

疾走感溢れるイントロ、マイナー調ながらメロディアスな歌メロを持つ佳曲。

ギターのリフもザクザクしていていい仕事をしています。

ギターソロが少し弱いか。

鬼経 -kikei-

★★

DIR EN GREYの『mazohyst of decadence』に曲調も歌詞もよく似ている曲。

元ネタから言って狙い通りではあるとは思うのですが、フルで聴くのはかったるい曲です。

蜥 -tokage-

★★★

DIR EN GREYの『Unknown… Despair… a Lost』と『Cage』で構成されている曲。

二曲を融合させた意味はあまり感じられず、PVが作られた割には微妙に感じます。

拝啓、愛しのアイドル様へ

★★★★

DIR EN GREYの『Filth』のカバー曲。

変更が加えられたメロディーラインは中々良質で、特に英語(?)で歌われる大サビのキャッチーさは良いですね。

パクリが気にならないなら。

中絶

★★★

解離性同一性障害のメロディーを弱くしたようなサビを持つ曲。

ライブでは盛り上がるのですが、CDで聴くと少々弱いですね。

アルペジオもあまり効果的に使われていません。

侵喰 -shinsyoku-

★★★★

ヘボン式と訓令式が混ざったローマ字表記が少し気になりますが、異端芸者時代のガゼットのようなメロディアスさとハードさを合わせ持つ良曲です。

特にサビのコード進行とメロディーラインは非常にガゼットっぽい。

ドラムの手数の多さもいい感じです。

イントロは完全に黒夢の『親愛なるDEATH MASK』ですね。

夕刻絶交センチメンタル

★★

タイトルから想像できる通り、異端芸者時代のガゼット要素が濃い曲です。

どうにもメロディが弱く、淡々としていて曲としては面白みに欠けます。

ライブでは定番的な曲でした。

刑法第39条第1項「心神喪失者ノ行為は之ヲ罰セス」

★★

ツタツタ系の楽曲ですが、アグレッシブさが足りずメロディーラインも今ひとつもの足りない感じです。

アウトロはDIR EN GREYの『残 -zan-』。

悲しみは巡りゆく季節と眠る哀

★★★★

DIR EN GREYの『アクロの丘』に似ているバラード。

とは言えtrue griefのように丸パクリではなく、メロディーセンスの良さを発揮しています。

総評

★★★

パクリ云々は置いておいて、キラー曲のクオリティは高いです。

似たような楽曲で水増ししている感が否めず、アルバムとしては少しダレを感じますね。

関連記事

「グリーヴァ 鬼ト影 」の検索結果

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL