Kagrra,『Core』

「Kagrra,」の検索結果
Youtube検索結果

Core ジャケット

  • 品番: COZA-249, COZA-250
  • 発売日: 2007/2/14

フルアルバム『』からおよそ1年ぶりの音源はやはりフルアルバム。

彩の讃歌

★★★

MVが作られた曲ですが、Kagrra,のアルバム冒頭の新規楽曲っていつも普通だな、と言う感じです。

雨情

あまり珍しくなくなってきたジャズ調の楽曲。

いくらなんでもサビのメロディーが単調で面白みがなさすぎます。

四月一日

★★★

どこか中華風のギターが印象的で、メロディーも悪くありません。

2回目のAメロで音数が増えるなどのKagrra,らしい工夫もあり。

ただ真新しさもあまりないんですよね。

斬帝

★★★

『ぎるてぃー』と読みます。

V系ラップ感のある早口かつ韻を踏んだAメロとサビの伸びやかなメロディーが特徴。

ギターリフもロック感があり、ダサいタイトルとは裏腹になかなか聴きどころのある曲です。

忘却の果ての凍えた孤独

★★★

いかにもV系然とした叙情的なイントロから始まるバラード。

ギターソロ直前のベース音とギターソロが印象的。

メロディーもなかなか。

★★

『さい』と読みます。

変拍子の跳ね回るようなポップな曲ですが、アルバムにおけるアクセント以上の意味合いはあまりないですね。

ボーカル一志にとって歌いづらいキーのように聴こえます。

風の記憶

★★★

アルペジオとサビのギターリフが耳に残る曲。

メロディーが綺麗でラスサビのコーラスもいい感じ。

普通にいい曲ですが、あと一歩名曲にはなりきれていない感じを受けます。

神風

★★

早口Aメロ2曲目。

ラスサビ前に非常に和風なパートが加わり、アウトロは電子音を使うなどの工夫はありますが、いかんせん平凡。

雪恋詩

★★★★

極端にトーンダウンするBメロから開放感のあるサビ、と言うKagrra,の王道と言える曲。

サビのメロディも良く、Coreの中ではキラーチューンだと思います。

君へのこの想い切なく降り積もる 伝える事も出来ないまま

新・百鬼夜行

★★

』の百鬼夜行とは楽曲的にはあまり相関性がなく、ひたすらダークだった旧百鬼夜行に比べて『祭』系のようなノリの良さがあります。

ギターの指使いには驚かされるものの、楽曲としては地味。

総評

★★

Kagrra,のアルバムの中で唯一英語を冠しているのですが、タイトルの特異性とは裏腹に屈指の地味アルバムではないでしょうか。

これと言ったキラーチューンがなく、アレンジもおとなしめ。

1年ぶりのアルバムとしては物足りないですね。

関連記事

「kagrra, core 」の検索結果

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL