Kagrra,『京』

「Kagrra,」の検索結果
Youtube検索結果

京 ジャケット

  • 品番: COCP-32562
  • 発売日: 2004/3/3

Kagrra,のメジャーデビュー後の1stフルアルバム。

gozenと同じくコンセプトアルバムになっています。

★★★

インストゥルメンタル。

いかにもこれから昔語りが始まる、と言うような雰囲気を醸し出しており、掴みはOK。

幽現の人

★★★

インパクトのあるギターから始まる疾走曲。

全体的には類型的なV系展開なのですが、リードギターの音色が和要素を主張します。

テンポダウンするBメロはKagrra,の得意パターン。

終始激しく動き回るベースも聴きどころ。

★★★

『じゅ』と読みます。

インディーズ時代からの流れを感じるダークで重々しく、淡々とした楽曲。

リズム隊の変化が面白いですね。

後に『葬』『咒葬』と言う楽曲がリリースされているのが少しややこしい。

闇に散りけり・・・

★★★

ラウド感のあるイントロが特徴。

サビでは疾走するものの少しアレンジ不足。

アウトロが一番の聴きどころに感じられてしまう辺り、派手さはないですね。

涅槃経

★★

タイトル通り、ややオリエンタルな雰囲気で淡々と進行。

最後のサビはスケール感があるものの、楽曲としてはかなり物足りなさを感じます。

冬幻鏡

★★★★

得意の『冬』ナンバー。

ベース、ドラム、ギター、そしてボーカル全てが冬の透明感をありありと描き出します。

尺八っぽい音色も面白いですし、メロディーラインも和風で美しい。

個人的には『京』と言えばこの曲ですね。

呟きに似た言葉さえも貌を変えて

この大地にそっと沁みて逝く

源平闘戦譚

★★

『げんぺいとうせんたん』と読みます。

少しイントロの雰囲気がLaputaの『Obsessed Life』に似ているスピーディーな楽曲。

タイトルから期待するほどの激しさはなく、あくまで和風ロックを貫いていますが、演奏時間の短さもあってどうにも印象が薄いです。

螺旋

★★★

美しいメロディーと笛の音色が印象に残るバラード。

ボーカルソロからラスサビへの流れも良いのですが、少し物足りなさを感じなくもない。

徒然謌

★★★★

La’Muleの『Cry in past』にイントロのフレーズが似ていますが、受ける印象は異なります。

3分20秒とコンパクトな楽曲ですが、2回目のAメロとサビで音が増えたり、丁寧な作り。

何と言っても流暢な歌謡曲的メロディーに和風の歌詞が非常にマッチしています。

枯れ朽ちて土に還って在りし声をまた憶い出す

叶わねど叶わねど永遠に想う彼の人を

愁 (京 MIX)

★★★★★

シングル版とあまり違いはないように聴こえますが、相変わらず名曲です。

シングル曲を最後に持ってくる采配は面白いのですが、シングル曲がストレートにキラーチューンとして機能してしまっているのはKagrra,らしくない。

もう少しアルバム曲にもがんばって欲しかったところ。

もっと 傍に 居られたなら

もっと 早く 気付いたなら

総評

★★★

メジャーデビュー後で時間がなかった、と言うような話も聞きますが、それにしても地味な曲が多いです。

Kagrra,のアルバムは10曲ほどのコンパクトな構成が多いのですが、こと京に関して言えばミニアルバムで出すべきだったのでは。

関連記事

「kagrra, 京 」の検索結果

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL