kagrra『桜』

「Kagrra,」の検索結果
Youtube検索結果

桜 ブックレット

  • 品番: PSTA-0011
  • 発売日: 2001/3/3

Kagrraの2ndミニアルバム。

Kagrraを語る上で外せない『桜』ソングの一発目です。

桜~再会の華~

★★★★★

今後Kagrraの曲で頻出することになる「桜」と言うワード。

そのトップバッターですが、圧巻の完成度を誇ります。

劇的なメロディーラインに心地よく刻まれる変拍子、和を感じさせるギターのカッティング、メロディーラインのように動き回るベース。

曲自体素晴らしいのですが、やはりサビのメロディーの秀逸さが際立ちますね。

2ndにして唯一無二の世界観を打ち出しています。

愛しさは貴女への想いを奏で 終わる事を知らず

碧の葬列

★★★

インディーズ時代に頻出するタイプのバラード。

特に悪くはないですが、一曲目に比べると影が薄いですね。

妖祭

★★★

祭シリーズ。

怪しげに跳ねるリズムが祭り囃子を連想させます。

ベースラインとサビのメロディーが印象的。

なかなかいい曲だとは思いますが、ギリギリ星4つに及ばない感じです。

沙羅双樹の子守唄

★★★

メジャーデビュー後のバラードに通ずるものがあり、スケール感がある曲。

ですが、この段階ではまだバラードではバンドのポテンシャルを引き出しきれていない気がします。

後年のバラードはアレンジの練り込み具合が尋常ではないので。

総評

★★★★★

『桜~再会の華~』と言う超キラーチューンが入っている、それだけでこのミニアルバムには価値があります。

劇的なメロディラインを求める人に「V系だから…」と言う偏見なしで聴いてもらいたいですね。

この曲を聴かないで人生を終えるのはもったいないです。

関連記事

「kagrra 桜 」の検索結果

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL