La’Mule『欄-ran-』

「La'Mule」の検索結果
Youtube検索結果

欄 ジャケット

  • 品番: Slit-003
  • 発売日: 2001/12/24

V系によく見られる漢字一文字(+アルファベット読み)シリーズ。

ですが、La’Muleのそれは少々趣が違います。

★★★★

雑誌のインタビューなどで「遅いテンポの激しい曲を目指した」と公言しており、正にその通りの曲に仕上がっている欄。

重々しいベースとドラム、全く違う音階を奏でるギターが曲に重厚さを与えています。

メロディーラインもキャッチーさとはほど遠く、どちらかと言うとスルメ曲。

過去のLa’Muleからは考えられない曲調ですが、個人的には大アリです。

blind hold

★★★★

メタル寄りのユニゾンギターから幕を開ける疾走系の曲。

この頃のLa’Muleはほとんど人数分の音しかCDに入っていないのに、曲の中での変化の付け方がかなり上手くなってきていますね。

ギターソロはSweet enemyなどに比べると少々弱いですが、サビの高揚感は中々のもの。

こう言う曲調でストレートな恋愛の歌詞を付けるあたりのセンスも良いですね。

ソングフォウ

★★★

『アーティストの意向により歌詞は割愛』系の曲。

La’Muleのボーカル紺と覇叉羅-vasalla-のカイエによるユニット『ゲノ』で披露していた曲に近い、激しいロック調の曲です。

悪くはないですが良くもない感じですね。

総評

★★★★

徐々にHR/HM色が強くなっていっている時期のCD。

inspireまでのLa’Muleが好きな人はそろそろ拒否反応がピークに差し掛かってくると思いますが、相変わらず面白い曲作りをしていると感じます。

 

関連記事

「la mule 欄 ran 」の検索結果

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL