Laputa『硝子の肖像』

Youtube検索結果

硝子の肖像 ジャケット

品番: TODT-3844

発売日: 1996/9/30

Laputaのメジャーデビューシングル。

黒夢のメジャーデビューシングルである『for dear』と同じく、キャッチーな表題曲とダークなカップリングと言う構成です。

後のV系にもメジャーデビューシングルでこの構成を踏襲したバンドは多いですね。

硝子の肖像

★★★★

メジャーデビューシングルとは思えない完成度を持ち、キメの多用・開放感のあるサビと言う、バンドのスタイルを出し切った曲。

イントロのギターが非常に印象的でメロディーもキャッチーと、メジャーらしい聴きやすい曲です。

ガラスの割れる音が入っているあたりもやはりfor dearっぽい。

★★★★

Laputaの漢字一文字シリーズ。

Aメロはほとんどシャウトに終始する激しい曲ですが、サビはメロディアスと言う、後のV系バンドに多く見られるスタイルの先駆けと言えます。

このCDの段階では打ち込みですが、ライブでは普通に演奏してしまう辺りがLaputaの技量を伺わせます。

総評

★★★★

2曲の中にバンドのポテンシャルと多様性、そして演奏力を見せつけた会心の作品だと思います。

プロダクションもかなり良くなっていて、インディーズ時代の曲もこのクオリティで聴きたかったと感じてしまいますね。

関連記事

「laputa 硝子の肖像 」の検索結果

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL