Laputa『Material Pleasures』

Youtube検索結果

Material Pleasures ジャケット

  • 品番: CRCP-40061
  • 発売日: 2004/3/17

Sparks Monkey』からおよそ1年ぶりのミニアルバムで、Laputaの最後のオリジナル作品です。

Persona

★★★★

シンセの音色が印象的なイントロからキメを挟んでAメロへ進む流れが非常に完成度が高く、アルバム一曲目にふさわしい曲です。

ドラムとギター、ダンサブルなメロディーが一体となったサビも秀逸。

Material Pleasures

★★★★

非常にダンサブルなイントロのフレーズが強く印象に残ります。

間奏で同じフレーズが反転するのも効果的ですね。

ハットの裏打ちが心地よいサビではノリのいいキャッチーなメロディーを聴かせてくれます。

Beauty × Butterfly

★★

甘ったるいイントロのギターやBメロからサビにかけての非常にJ-POPっぽいメロディーなど好みが別れそうな曲。

サビ終わりのキメなども今までにない分かりやすさ。

さすがに違和感を覚えてしまいました。

Stray

★★★

ダンサブルなフレーズとJ-POP的なキャッチーさの混在した曲で、ギターフレーズなどにLaputaらしさが伺えるので『Beauty × Butterfly』ほどの違和感はありません。

かと言ってキラー曲とまでは思いませんが。

Gorgeous

★★★

動き回るベースとシャッフルビートのテンポの良さ、ギターのハーモニクスが耳に残るやはりダンサブルな楽曲。

中期黒夢に打ち込み音を加えたような趣もあります。

OΦΦ

★★★

読みは『オーファイファイ』でしょうか?

ラップ的な歌唱しかないほぼインストゥルメンタルの曲で、繰り返されるアンビエント的なフレーズが非常に印象的。

インダストリアル的な重厚なサウンドが加わるパートもありますが、6分近い長さはさすがに少しダレます。

フレーズ単位では非常にいいものを持っているのですが。

総評

★★★

冒頭2曲からダンスロック路線で行くのかと思いきや、水を差すようなキャッチーすぎる曲が間に挟まっており、統一感に欠けるのが少し残念。

とは言えLaputa流ダンスロック曲のクオリティは高いので、ファンなら聴いてみる価値はあります。

関連記事

「laputa material pleasures 」の検索結果

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL