Laputa『私が消える』

Youtube検索結果

私が消える ブックレット

  • 品番: OLR-001
  • 発売日: 1994/5/5

黒夢と共に後のV系に多大な影響を及ぼしたLaputaの1stシングル。

この頃はJunjiがギターでもう一人のギターに旧メンバーHideno、ベースに旧メンバーのKusubaと言う5人編成でした。

Skeleton Dance

★★

少しデジタル感があり、変拍子を刻むナンバー。

akiの歌唱力とシャウトはこの頃から安定していますが、6分30秒近い長尺の割に少しメリハリに欠ける印象。

普通のバンドの1stの1曲目がこのクオリティなら文句はありませんが、Laputaだと考えると少し物足りないです。

私が消える

★★

ダークなシャッフルビートナンバー。

やはりメンバーチェンジ後に比べると少し物足りなさを感じます。

Saddistの夢

★★★

ドラムがツタツタ系のハードナンバー。

激しい曲調の中、Bメロのメロディとギターが非常にメロディアスな辺りが後世のV系に通じるものがあるかも知れません。

総評

★★

悪くはないのですが、メンバーチェンジ後に比べると若さを感じますね。

Laputaを聴くなら『眩く廃人』以降がオススメです。

関連記事

「laputa 私が消える 」の検索結果

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL